浦和銀座誠商会 酒井氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月13日

旧中仙道沿い、玉蔵院の門前通りから市役所通りへ向かって位置する浦和銀座誠商会 理事長 酒井甚四郎氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。

 

■駅を中心として、地域の更なる活性化を期待

湘南新宿ラインについては、浦和駅に停車せず、今まで赤羽駅や大宮駅で乗り換えをして利用していました。3月16日のJR東日本ダイア改正にあわせて浦和駅に停車することとなり利用者にとってかなり便利になると思われます。しかも、朝と夕の通勤時間帯にはそれぞれ1本ずつ増発され、その増発分を含め、上下全134本の列車が停車するなど、他地域へのアクセスがスムーズになり、横浜駅までは日中の時間帯であれば約55分で行けるなど大変喜ばしいことです。

また、今現在、浦和駅は高架化等再開発事業により、湘南新宿ライン停車に合わせ、駅の東西を結ぶ連絡通路が本格的に完成されます。

今後、渋谷・新宿・横浜方面の人や、今まで大宮駅で下車されていた宇都宮・高崎・熊谷方面の人など、浦和のまちに新たな来街者の流入が期待できますし、駅で分断されがちだった人の流れが改善されることで、今後、駅を中心とした回遊性の向上が見込め、地域の更なる活性化が期待できるものと推察しております。

なお、浦和駅は住宅地としても県内の中では人気が高いので、都心に近接した便利な地域で、各方面へのアクセス向上が確立すれば、若いファミリー層を中心とした転入者の増加が期待でき、新たな地域コミュニティの形成がまち全体のにぎわい創出に繋がっていくことを期待しております。

ただ、現在、商店会を取り巻く環境は非常に厳しい状況にもあります。駅利用者等の利便性向上が期待される中で、駅を含めた周辺地域における商業全体の更なる活性化策が必要だと考えております。

 

■コミュニティ意識を醸成し、暮らしやすいまちになって欲しい

浦和のまちは中山道の宿場町として中山道浦和宿が置かれたことを契機に発展し、その後、明治初期に県庁所在地となり、現在は美術館や図書館、科学館、スポーツ施設、高等学校なども多く、教育や文化に関わる資源に恵まれているのが特徴で、埼玉県の行政・教育・文化の中心として成熟してきました。今後も、歴史と文化を後世に伝える文教都市として更なる発展を期待しています。

その中で、商店街の活動を通して最近感じることが、昔は“向こう三軒両隣”、“遠くの親戚より近くの他人”という言葉など、最低でも近所付き合いは当然として、お互いが何かと助け合ってきた良き習慣がありました。そこには、信頼と安心によって結ばれたコミュニティが存在していたように感じています。しかし、街の発展とともに徐々に”地域コミュニティの希薄化”や”絆の欠如”が顕著になってきているように感じています。

浦和区はさいたま市の中で他区に先んじて高齢化を迎える区でもあります。

将来的には”近助の精神”ではないですが、お互いが自発的に近隣同士、連帯の絆づくりに努めることにより、コミュニティ意識の更なる醸成につなげ、浦和のもつ環境資源(文教としてして子育てしやすいまち)を生かしながら、商業は活気にあふれ、住民にとっても暮らしやすいまちに益々なってもらいたいと考えております。

 

浦和銀座誠商会は昭和60年発足し、現在、会員数は28件です。私が第5代目の理事長となります。会員の構成としては、飲食・物販をはじめ、ホテル、金融機関、コンビニエンスストア、美容室など、様々な業種・業態からバランス良く構成されているのが特徴です。また、サッカーのまちを代表するJリーグ浦和レッドダイヤモンズのオフィシャルショップがある商店街でもあります。

以前は、会全体での売出し事業や当会のメインストリートとなる中山道を歩行者天国にしてのイベント開催など、各種商店街事業を展開してきました。近年は”自然体”をテーマに、売出し等については、個店ベースで推進し、その他、さいたま市全体の商店会イベント等に参加し賑わいの創出に努めています。

また、近隣の商店会との連携を図りながら、今後の商店会活動を模索しております。

 

 

取材日:2013年2月7日

Interview

interview

東本太商店会 野崎氏に聞く、これからの浦和の商店会

東本太商店会 野崎氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月22日

東本太商店会 野崎氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。
Interview

interview

仲一平和街商店会 松崎氏に聞く、これからの浦和の商店会

仲一平和街商店会 松崎氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月19日

仲一平和街商店会会長 松崎 良一氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。
City and Town

city-and-town

浦和レッドダイヤモンズ 橋本光夫社長に訊く、浦和のまちと社会活動

浦和レッドダイヤモンズ 橋本光夫代表に訊く、浦和のまちと社会活動

2013年3月15日

浦和レッドダイヤモンズ 橋本光夫代表に、浦和のまちの印象やこれからの浦和とレッズの携わり方についてお話をお伺いしました。
Interview

interview

浦和銀座誠商会 酒井氏に聞く、これからの浦和の商店会

浦和銀座誠商会 酒井氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月13日

旧中仙道沿い、玉蔵院の門前通りから市役所通りへ向かって位置する浦和銀座誠商会 理事長 酒井甚四郎氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。
Interview

interview

浦和中央商店街振興組合 鈴木氏に聞く、これからの浦和の商店会

浦和中央商店街振興組合 鈴木氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月13日

浦和駅西口、さくら草通りを旧中仙道から埼玉会館までのエリアに位置する浦和中央商店街振興組合 理事長 鈴木氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。
Interview

interview

岸町商店会 後藤氏に聞く、これからの浦和の商店会

岸町商店会 後藤氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月13日

浦和駅西口から旧中仙道沿い、調神社方面に位置する岸町商店会会長 後藤 勉氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。
Interview

interview

商店街振興組合高砂共栄会 佃氏に聞く、これからの浦和の商店会 

2013年3月12日

浦和駅西口から徒歩3分、旧中仙道に位置する浦和最大級の法人格をもつ商店街振興組合高砂共栄会 会長 佃 茂明氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。
Interview

interview

うらもん通り商店会 鹿倉氏に聞く、これからの浦和の商店会

うらもん通り商店会 鹿倉氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月11日

うらもん通り商店会会長 鹿倉 敏夫氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。
Interview

interview

県庁通り商友会 染谷氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月11日

浦和駅西口のロータリーから県庁通りにかけて連なる県庁商友会の会長、染谷 幸一氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや県庁商友会の特長について伺いました。
Interview

interview

前地通り商店会 渡邊氏に聞く、これからの浦和の商店会

前地通り商店会 渡邊氏に聞く、これからの浦和の商店会

2013年3月9日

前地通り商店会会長 渡邊 暿一氏に湘南新宿ライン浦和駅停車にあたり、期待を寄せることや商店会の特長について伺いました。